リカルドは北ドイツでの仕事を辞め、妻のいる東京に移住した。彼の目標は、写真家として働く夢を追い求めることだった。ストリート写真やドキュメンタリー写真を中心に、写真を通して物語を語ることに深い情熱を注いでいる。彼の考えでは、日本はフィルムであれデジタルであれ、これらの瞬間を捉えるのに世界的に最も適した場所のひとつである。

リカロ・スールの作品

アーティスト